踊るように暮らす

まいにち大人の夏休み。ときどき冒険。

あなたの本当の望みがわかってしまう3つの質問

 www.chizuru89.com

 

 前回の記事の続きです。

 

なぜ、私が人生の軸=本当の望みがわかったのか。

それは、帰りのリムジン内でのモゲさんの3つの質問のおかげでした。。

下にご紹介します。

 

質問その1 突然の余命宣告

医師から告げられます。

「あなたは、あと3日の命です。」

 

20180310092241

 

 ・・・さて。ここで質問!!

あなたは残された3日間で、何をしたいですか?

※正解不正解はない

※お金は無限にある設定

 

答える前から涙が出てきた私w
質問の意図が、わかってしまったから。
これは今、一番聞かれたくない質問だった。
自分の気持ちに向き合うざるを得ないから。
(どれだけ自分と向き合うことに逃げていたか・・・w)
 

私の答え:

『夫と子どもとずーっと過ごす』

 

 質問その2 うっかり言い間違え

医師

「ごめん間違えた。」

「3日ではなく、3ヵ月の命です。」 

 

3日だと思っていた命が、3ヵ月に延びました。

何をして過ごしますか。

 

私の答え:

『辛いので‟もう殺してください”って医者に言う』

メンタルの弱さが露呈

 

質問その3 医師、再度言い間違え

医師

「ごめんごめん、間違えた。」

「3ヵ月後ではなく、3年の命です。」

 

医師、いい加減にしろって感じですが、

とにかく寿命は3年あるそうです。

何をして過ごしますか。

  

私の答え:

『もう一人子どもを産む』

『ずーっと家族と過ごす』

 

 

他のメンバーの回答一例↓

  • イギリスに旅行に行く
  • 愛する人と結婚する
  • 勉強をする
  • 本を読む
  • 今と同じ仕事をする
  • 学校を設立する

etc....

 

みんなの答えが見事にバラバラなのが興味深かった。

 

***

実は、これに似ている質問を以前も別の場所で聞かれたことがあったのだが、同じ回答をした。

 

『ずっと家族といたい』

 

でも、当時は自分の答えが受け入れられなかった。

「何かの間違いだ」と、結局信じないことにした。

2人目の出産直後だったため、母乳と共に母性的なホルモン?が出まくっていて、そのせいでおかしな考えに一時的になっているんだと思った。

***

 

質問の答え

もうお分かりかと。

そう、余命宣告で炙り出された「やりたいこと」が、あなた本当の望み、だそうです。

3日後:短期的な目標(今すぐにできること)

3年後:最終的な目標(長期的に成し得たいこと)

 

寿命が分かっていた方が、人生を思いっきり生きれるのかもしれない。

 

本当の望みって、元々自分の中にあるもの。

どこかに探しに行くものでも、他人から教えらるものでもなかった。

 

できることは、あと二つ

「望みを受け入れて」、「今すぐ実行に移す」こと。

 

私は「望みを受け入れた(=絶望した)」とき、心からほっとした気持ちになった。

隣に座っていたメンバーにも「ちーちゃんの表情が柔らかくなった!」と驚かれた

 

この気づきは、モゲきょんツアーの学びの中で大きなもの。

 

皆さんの本当の望みをシェアしてくれると嬉しいです^^