踊るように暮らす

まいにち大人の夏休み。ときどき冒険。

私に「目標」を聞かないで【魅力タイプ診断・子供】その3

 20180501192628

大学卒業式の写真。

ねぇなんでこのポーズなの・・・?

 

就活は終わった。しかし・・・

なんとか就職はできた。

だけど、しょせんは自分を偽って入った会社。

激務に耐えられず、すぐ辞めた。

その後、

再就職・結婚・出産・職場復帰・再び出産、、

様々なライフイベントがあったが、

依然として、言葉にできない違和感があった。

 

そんなときに頼った自己啓発本などには

大体こう書かれていた。↓

 

「あなたのビジョンを見つけましょう」

「そこに向かって、今できる行動をしましょう」

 

またか..... /(^O^)\

(ない人はどうしたらいいんだ)

 

もう、このあたりから

「目標」「使命」「ビジョン」

の類の文字を見るだけで、

お腹が痛くなるくらいだった。

 

私がイマイチなすべての原因は、

未来の有望な展開が描けていないからだ

これだー!!!っていうビジョンさえ見つけたら、

「生きにくさ」とはセイグッバイできるのだ、と。

そう思っていた。

 

今思うと、自己啓発本の中には上記とは真逆の

「目標はなくてもいい。」

「今を生きましょう。」

みたいなものもあった。

 

だけど、受け入れられなかったっ…!

なぜなら、

そんなのはちゃんとした生き方じゃないと思っていたから。。

(ってか、「ちゃんとした生き方」って何ww)

(ほんとに自分で書いてて草生えるwww)

 

しかも、自分のことは棚に上げ、

人生に特に目標がない(なさそうな)同類の人のことを、

心の中で超~~見下していた。。

(だからダメなんだよ、この人は。みたいな。。)

(これ以上書きたくない。辛いww)

 

最近のことです。。

ようやく、一つの光が差してきたのは。

それは「魅力タイプ診断」の結果・・・!

 

ここまでが長くなったけど、このシリーズは、

「今なんとなく生きづらい人は、魅力タイプ診断をちゃんとやれば楽になると思う」、

ってことがいいたい。

 

その4に続きまーす!→

たぶん次で終わり!

 

子供タイプって?関連記事はこちら

私、子供タイプだった

子供タイプは、こうやって生きていく

子供タイプあるある【小田桐あさぎさん・魅力タイプ診断 

【魅力タイプ診断】みんなは私と違うんだ、っていう驚き