踊るように暮らす

まいにち大人の夏休み。ときどき冒険。

休んでも疲れが取れない?!そんなアナタへおすすめ本

すごい本に出会ってしまった。

世界のエリートがやっている

最高の休息法

 ↓

 

 

休息、って・・・?

「疲れている」ことの解決法として「休む」。

このアプローチはもちろん正しいのですが、

問題はその方法。

会社を休んでも、

ベッドから出ずに一日中ゴロゴロ過ごしても、

イマイチ休んだ気がしない・・・

こんな人は読む価値ありの本です。

 

私に必要なこと、それは「脳の休息」なのかもしれない

休めるべきは「身体」ではなく「脳」だったのかも。 

下記に、その理由と千鶴の特徴をご紹介w

 

  • 圧倒的前者*1である、ということとその弊害
 

→なんていうか、常に頭の中がザワザワしてるんです。

意識が「飛ぶ」こともないので、常にスイッチがONの状態。

これってすごく疲れます。

例えば、"点けっぱなしのテレビ"が無理です。

なぜかというと、

テレビの話し声をキャッチしちゃう耳が付いているから。

テレビ画面が目に入ると、

ニュースのテロップを読んじゃう目が付いている。

そして

「へぇ、北朝鮮が〇〇な状態なんだ、ということは、、、」

とか

「お相撲さんが連日取り上げられている、その背景は、、、」

とか考えようが考えまいがどうでもいいことに、

貴重な脳の20%くらいを働かせてしまう、感覚。

やっかいなのが、

これは私のアウトオブコントロールだということ。

 (ちなみに、後者の特徴の一つ「テレビを見ていたのに、気付いたら進んでいて内容がわからなくなった」っていうことが100%ない。片手間でテレビを見ていても内容は頭に入る)

この思考回路を親しい人に話すと、

「それ、生きてるだけで疲れるでしょ」とよく言われます・・・。

 

  • 体力オバケである

 

→フィジカルには自信あり。

(体力がない人とか、不調が身体に出る人が羨ましいくらい)

せっかく、人から

「疲れてるんだよ、休みなよ」

と言ってもらって、

ダラダラしたり、ラジバンダリして、形だけの休息は取るものの、

そもそも身体は疲れていないので、特に変化なし。

しかし、べったりと離れない疲労感・・・・

では、どこが疲れているのか??

そう・・・・

脳だーーー/(^O^)\

No~~~~~~

脳内の断捨離も、本格的に進めていかねば。

 

「脳を休ませる」って?

この本では、

マインドフルネス=瞑想 

の方法が詳しく書かれています。

瞑想で、意図的に

「何も考えない、をする」脳構造をつくっていくとのこと。

メリットとしては、

  • 脳が休まる

だけでなく、

  • 本当に思考力が必要なときに、集中力やパワーを発揮できる
らしい。

鬱病患者にも有効な治療法だとか。

 

↑を夫に話したら、

「あー、だから千鶴ちゃん、本当に必要なことは考えられないんだ」

「いつもどうでもいいことはゴチャゴチャ考えてるのにね」

って言われた。

正にその通りだと思った。

夫は後者。

 

「いまここ」だけに意識を向ける?!

注意散漫、無気力、イライラなどは脳疲労のサイン。

その根本的な原因は、意識がつねに過去や未来ばかりに向かい、

「いまここ」にない状態が慢性化していることにあります。

現在に意識を向ける「心の練習」をすることで、疲れづらい脳をつくっていきましょう。

(本文20ページより抜粋)

 

確かに、私はムダに過去や未来ばかり考えてたわ・・・

 

 

ちなみに

これだけ話しておいて何ですが、

肝心なマインドフルネス(瞑想)は実践できていません!!!w

したらどんな感じか、

どんな効果が出たかは追記します!

 

瞑想こそしていませんが、

  • 「いま」起こることに目を向ける
  • 「いま」の感情だけに集中する
具体的には、ついスマホをいじることをやめる。とか。
赤ちゃんの動きや表情をぼーっと見つめる、とか。
 
こんな生活を数日したところ、

ずいぶん楽な気がしました。

(これって、フィリピン人的な生き方だなぁ)

ただし、懸念点が・・・。

「脳を休ませること」が上達しすぎて

私の人生、‟ずっとお休みモード”になってしまったらどうしよう・・・

はっ!また未来のしょうもないことを考えている・・・いけない、いけない。

 

本が気になった方は

こちらからどうぞ↓

 

  

<関連記事>

www.chizuru89.com

www.chizuru89.com

 

 

*1:前者、後者論はこの記事参照のこと→