踊るように暮らす

まいにち大人の夏休み。ときどき冒険。

「ワクワク」の見分け方

ワクワク、トキメキ、ドキドキ・・・・

日本語には、便利な一方、定義が曖昧な言葉がたくさんある。

こういう「感情」の単語って、本当に人によって中身が違うし、説明がしにくいと思う。

自分は何に【本当に】ワクワクするか?意外とわからない人が多いんじゃないかな。

私は、ついさっき、ワクワクとは何かを言語化できた気がする。(千鶴の場合。人によって違うと思う)

 

それは、

 

・(ワクワクの対象が叶った自分が)ありありと想像できること。

・↑のときに自分の口角が自然と上がっていること。

 

要は、想像できて、ニヤける感じ。簡単に言うと。

 

例えば・・

来年の2月にみどりさん、響子さんたちと台湾ツアーに行くのだけど、最高にワクワクしている!

(思い返せば、過去に自分の望みとは少しズレたことにワクワクを感じていたことがあった気がする。そういう偽の?ワクワクは、もれなく叶わない。ある意味ありがたいw)

 

どのくらいのワクワクかというと、2回、夢を見たの。台湾ツアーに関連する夢。想像しすぎて。w

 

一回目は、みんなと空港で合流して、ラウンジで楽しくワチャワチャしてた。

二回目は、飛行機に乗り込み、機内を楽しんでいた。

 

まだ台湾に到着していないから、次の夢ではいよいよ台湾編かな?と思ってる・・・

 

旅行に行く前からこんなに楽しめるんだって感動してる。

(旅行用にバッグも買ったし♡♡)

 

『旅行って、準備と帰宅後の片付けが大変だよな・・』

 

って思ってたけど、準備すら(心の・物質的な)楽しいものだった。

 

私の台湾ツアーは、すでに始まってる。

 

 

 

写真は関係ないけど先日行った東京ドイツ村にて