京 千鶴 踊るように暮らす

まいにち大人の夏休み。

「グループレッスンが嫌」だったことについて。王様タイプと子供タイプの考察

先日、娘のバレエ体験レッスンを通じて、

「自分はグループレッスンが嫌いだった」ことを思い出した。

 

そんな話を主人としていたら、同じく主人も好きではなかったという。

でも、主人とは<嫌いなポイント>が異なっていた。

 

まとめると

 

主人(バスケットボールをやっていた)

  • 自分より上手い人が同じグループにいたら嫌だった
  • 自分が一番でいたかった
  • だから自然と、自分が輝ける場所(バスケ)に身を置くことを選んでいた

 → すべては目立ちたいが故・・・

 

 

(ピアノをやっていた)

  • (私の時間を)邪魔されたくなかった。
  • 他の人の演奏を聴いている時間が退屈だった。
  • 合奏(他の人と合わせる)の意味がわからなかった。

→ とにかく、自分だけで、自分の思うようにやりたかった。集中したかった。

最初から最後まで、一人で完結したかった。

他人の存在を唯一許せたのは、先生のみ。

文章に書くと、すごい自己中なやつ。だが仕方がない・・・

 

魅力タイプ診断でいうと、

主人は王様タイプまっしぐら

私は子供タイプまっしぐら

 

同じ事柄一つをとっても、「何がどう嫌なのか(好きなのか)」を見ていくと人それぞれ違うことが面白い。

 

<関連>

デートした♡【王様タイプの夫&子供タイプの妻】 - 踊るように暮らす

夫を信頼できるようになるまで その① - 踊るように暮らす