捨て女メソッド(ステジョメソッド)

捨てれる女になる方法、教えます。何かを手に入れたいなら、まずは断捨離から!モノやしがらみとサヨウナラ

15万円の財布を買った

お財布を新調しましたヾ(*´∀`*)ノ


f:id:chizuru89:20171205121415j:image

 

お財布同行をお願いしました

きっかけは、またまたこの方

ラクローズ響子さん

 

なぜ彼女がお財布にこだわり、

「お財布同行」なるサービスをしているかというと・・・

どうやら、お財布の扱いによって、

富豪になれるか、貧民になるか 

が決まるらしいから。

曰く、

  • お財布はお金のホテルと心得よ

  (お金にとって居心地の良い場所じゃないとお金は溜まらない)

  • 常にピン札しか入れないこと
  • お札を折り曲げて入れないこと
  • お札は 最低 年齢×1万円を常に持ち歩こう
  • 小銭やカードは、お札とは別に持つこと
  • お財布は、買ったときについてきた布袋に入れて持ち歩くこと

 

・・・おったまげである。

無論、私はすべてできていなかった。

 

今までお世話になったお財布

私が今までどんなお財布を使っていたかというと、

コチラ

f:id:chizuru89:20171205120854j:plain

ちっさ!!!

その名も「小さい財布」by abrAsus。サイズは6cm×9cm。

 

f:id:chizuru89:20171205120914j:image

小銭もお札も入るんだよ

 

f:id:chizuru89:20171205120927j:image

 もちろんカードも。厳選5枚。

 

このお財布を使って2年程経つでしょうか。

以前はミニマリストに憧れていたこともあり、

持ち物はなるべく少なく・なるべく小さくがモットーでした。

当時の思いは100%叶えてくれたお札でしたが、

そろそろリッチなお財布を持ちたくなってきたのです。

 

100万円が入るお財布にしよう!

真の富豪は、お財布に

現金100万円を帯付で入れているという。。

私は、響子さんからこれを聞いたとき

正 気 の 沙 汰 じ ゃ な い

と思いました。 

 

思わず

「道とかで強奪されたらどうするんですか?!」

と聞くと、

「お金持ちは、危険な世界に住んでいないから大丈夫♡」

「ちーちゃんはそんなに危ないところで生活しているんだね・・・」

と逆に心配されました。。

「奪われたとしても、お金持ちだから、100万円くらい簡単に簡単に稼げるんだよ。」

と。。

おったまげー!(2回目)。

 

せっかくなら、と

私も100万の束が入るお財布を探すことに。

 

まずは ルイ・ヴィトンで待ち合わせ

銀座松屋の1Fからショッピングスタート。

いきなりルイ・ヴィトンへと歩を進めます。

思わず背筋がピン!となる、慣れていない感満載の私。

店員さんに

「すみません、100万円が束で入るお財布ありますか?」

と、単刀直入に聞く響子さん。

出てきたのがコチラ

 

f:id:chizuru89:20171205132348j:plain

(画像は公式HPからお借りしました)

これを持っていたら、強くなれるだろう(色んな意味で)

と感じたお財布。

マチがあるので100万円もすんなり入り、

スマホや口紅も同梱できました。

取り外し可能なチェーン付で、バッグにもなるそう。

お値段、12万弱。

このテのモノって30万円くらいすると思っていたので、

「へ、へえ・・・意外と、お求めやすい、のか?」と思いました。

(私はハイブランドを知らない女です・・・)

 

次はDiorへ

先ほど見た、ヴィトンのマルチさに惹かれていた私。

ディオールでも、つい

チェーン付の、クラッチにもなるタイプを探してしまいます。

私「この財布、スマホも入りますかね?^^」

響子さん

「ていうか、お財布を見に来たんだよね?」

スマホは、バッグに入れようよ」

↑仰る通りw

貧乏性がここでも発揮され、

ついつい2way的なお得要素を求めてしまう私w

お財布同行の良いところは、

当初の目的から脱線したら気づかせてくれること。

 

お次はルブタン

ギンギラギンに可愛いコがいました。f:id:chizuru89:20171205134840j:plain

(画像は公式HPからお借りしました)

(ルブタンって、靴だけじゃないんだね・・・)

お値段 105,840円(税込)。

派手さが気に入り、

「これにしよう!」と9割方心を決める。

 

意外と少ない、100万円が入るお財布

上記以外にも様々なお店を見ましたが、

100万円が入る収納力を有する財布は少ない、

ということがわかりました。

把握している店員さんも少なかった。

なので、店頭で実際に札束を入れて確かめるのが早いです。

(私の場合は響子さん持参の束を使わせていただきました)

 

 

最後にGUCCI

ひと通り見た後。

「ちょっと歩いたところにGUCCIがあるの。行く?」

「ちーちゃんは、GUCCIっぽいと思うんだ」

と響子さん。

GUCCIっぽい」と言ってもらい恐縮だが、

GUCCIを知らないため、

ポカンとするしかできない私w

 

楽しい時間はあっという間。

この時点で、開始からすでに2時間が経っていた。

ルブタンのギラギラちゃんを買おーと思いつつ、

GUCCIを見てショッピング終わりにすることを決めました。

 

続きます→