京 千鶴 踊るように暮らす

まいにち大人の夏休み。

「見つからない」んじゃなく、「見つけてない」だけだった

昨日から、夏休みの宿題として(笑)、あるワークをしています。

 

ザ・マジック ザ・シークレット (角川書店単行本)

ザ・マジック ザ・シークレット (角川書店単行本)

 

【ザ・マジック】。

毎日28日間、この本に書かれている「感謝のワーク」をしながら、読み進めていきます。

 

2日目のワークが、これ。↓↓

 

「どこからでもいいので、"小石"を探してきてください」

「寝る前に、その"小石"を握りながら今日一番の感謝を思い出してください」。

 

小石、か・・・

小石、ね・・・

 

明日までに探さなきゃな・・・

 

そう思いながら1日が過ぎ、迎えた今日。

「あー小石見つからなかったなー」と思った。

同時に

「当たり前だ。探していないのだから。」

どこからともなく声がした(笑)。

 私の中から?天から?

 

「うん、そうだよね」

ようやく動き出した私。

具体的には、祖父祖母の使うリビングに行き、飾り棚に目をやった。

(今は実家に帰省中)

 

一匹の動物と目があった。


f:id:chizuru89:20190816173751j:image

 

これにする・・・か?

 

でも

 

目があるものは怖いな

首とかポロっと取れたら修復するの面倒くさい

えーじゃあこれやめる?

庭に出て小石を拾う?

汚いだろうな

洗うの面倒だな

 

ごちゃごちゃ考えたあと、一旦思考回路が途切れた。

 

そして数分後。

「小石、決まんないなー」と思った自分がいた。

同時に

「当たり前だ。決めていないのだから。」

天からの声が(以下略)


f:id:chizuru89:20190816174937j:image

【ザ・マジック】の、見返しページの模様が好き。

 

決めない限り、決まらない。

仮でもいいんだよ。

後から変更してもいいんだよ。

今は決めないと決める、でもいい。

 

よし。

これに決めた。

祖父祖母に承諾を得て、小石をもらった。


f:id:chizuru89:20190816173843j:image

("小石"じゃないけど・・・)

 

欲しいものを「探す」「決める」。

これをせずに、何年も「見つからないなー」「手に入らないなー」ってやっているものがいくつあるだろうか、と思った。

そんな帰省中の一日でした。