捨て女メソッド(ステジョメソッド)

捨てれる女になる方法、教えます。何かを手に入れたいなら、まずは断捨離から!モノやしがらみとサヨウナラ

【お仕事レポ】食器

先日も、お客さま宅にて【捨て女(ステジョ)】のお仕事をしてきました。

 

まずは写真をご覧ください。

 

 《ビフォー》


f:id:chizuru89:20170910120704j:image

 

《アフター》


f:id:chizuru89:20170910120741j:image

 

 

《収納したところ》

 
f:id:chizuru89:20170910120818j:image

 食器棚の上段には何もありません。

お客さまいわく「手を伸ばしても届かない高さだったから、何もなくてちょうどいい」とのこと。

 

ビフォーは各食器が2ペア以上ずつありました。

現在はお一人暮らしのお客様。

以前、ご兄弟と二人暮らしをしていたときの名残だそう。

一人暮らしには余る量だとわかっていながら、どこかで2ペア以上残したい気持ちがあるご様子。

 

 一人暮らしでなぜ2ペア必要か??

よくよくお話を伺うと、

「将来、彼氏ができたときに‥」

「家に呼んで手料理をふるまって、『料理ができるわたし』をアピールしたいっていう気持ちがどこかにあるのかも…」

「だから、無意識レベルで、2ペア以上残してきたのかも…」と。

 

そもそも・・。

『君には料理をつくってほしいんだ!』っていう亭主関白な男性のことを好きになりますか?と聞くと、

「あっ!そういう男性のことは好きにならないですね!ww」と。

結果、自分だけが使うことを考えた数の食器を残しておられました。

(彼氏ができたら、たまには家で料理をつくって食べたい、というときもあるでしょう。そうなったらその時に、彼氏とペアの食器を選びに行くのも楽しそう!)

 

✳✳✳

100均で買ったお椀

「毎朝、この100均のお椀でお味噌汁を飲んでいます。でも、実はこのお椀、あんまり好きじゃないんですよね…。」とお客様。

毎朝のことなら尚更!使っていて心地よいものに変えませんか?

ということで、そのお椀は【捨てる】ことに。

その日のうちに、新しいお椀を買いに行かれていました。

 

100円均一のお椀だから好きじゃなかったのですか?と、聞くと、そうではないとのこと。

お客様曰く、同じ100円均一のものでも、お気に入りのものとそうでないものがある、と。

100円均一のものでも、お気に入りは残しておくことに。

 

「気持ち」がすべて

100円均一だからダメ、とか

高級ブランドだからとっておく、

そういった安直な基準で判断をしないことが大切です。

高価なものばかり残したとして、それらがすべて気に入ってないとしたら意味がありません。

値段ではなく、「あなたにとって」価値があるかどうか。

この基準がすべてです。