捨て女メソッド(ステジョメソッド)

捨てれる女になる方法、教えます。何かを手に入れたいなら、まずは断捨離から!モノやしがらみとサヨウナラ

【3000円ゲーム】参加レポ【高田洋平さん】

今日は七夕ですね。

 

保育園の短冊に

【お金が欲しいです】

って書いたら、先生に

『お母さん、これはちょっと・・。』

とやんわり注意され、当たり障りのないお願いごとに書き直した千鶴です。

(ダメって言われるかも、と思いながらも書いてみたら、やっぱり言われたw)

 

【お金がほしい】って、みんなの願いですよね?

だってお金があれば何でも手に入るし。

 

でも私、最近、こんなことを思ったんです。

 

『私は本当は、お金持ちになりたいのではなく、

お金のことで不安にならない人になりたいのではないか・・?』

と。

 

例えば、今の私は、預金残高を見るたびに

増えてたら、ほっとし。

減ってたら、ひやひやしちゃうんです。

 

単なる数字に、いちいち一喜一憂しないようになりたいなと。

そう、お金はそのままでは単なる数字なのに・・

・・じゃあ、そもそもお金って、なんでしょうね??

 

そんなことを思っていたある日。

友人のMちゃんから、一通のLINEが届く。

 

あさぎさんのメルマガで紹介されてた3000円ワーク、期間も開催日も終わってしまっているけど参加してみない?』(原文まま)

 

私はそのとき、あさぎさんのメルマガを読んでおらず、3000円ワークの詳細は全くわかっていなかったけど、こう即答をした。

 

『行く!』

 

なぜこのとき0.1秒で即レスできたかというと、

 

・友人Mちゃん

・あさぎさん

→(この二人が推してるものだからなんか面白いんだろう)

 

と思ったのと、

 

・3000円ワーク←(注:正しくは3000円ゲーム)

→(おそらくお金についてのワークショップ的なものだと推測。最近お金に興味があるから丁度いい)

 

と思ったからである。

 

というわけで、参加が決まってから色々調べたのですが、

この3000円ゲームを主催しているのは、どうやら高田洋平さんという方らしい。

 

高田さんて誰ぞや?

ググってプロフィールを拝見すると、こんなようなことが書いてあった。

 

『今まで良い(と世間で言われる)学校を出て、良い(と世間で言われる)会社に就職。好きな人と結婚し、望んだ子宝にも恵まれた。でも辛かった。理由は、自分軸ではなく、他人軸で生きていたからだ。』

 

え、これって私のことですか??

 

 と勝手に親近感が沸くw

(意図的に多くの人の親近感、共通感を抱かせるプロフィールにしているとしても、ね。)

 

ちなみに3000円ゲームとは、

こちらのページに詳細が書かれています。

 
f:id:chizuru89:20170706161448j:image

(ハーレム状態の高田さん)

(ストライプの服がわたし)

・・・

参加してみての感想は、一言でいうと

あ、全部つながってる。

 でした。

 

解説をすると、

あさぎさんの講座

・最近どこかで読んだこと

・最近誰かから聞いたこと

・最近自分で思っていたこと

すべての話しが、上記のどこかにリンクしていた感じがした。

デジャブ感、というのかな。

 

あ、この話も、この前○○で見た(聞いた)やつだ!

やっぱりそうなんだ。。!

という感じです。

 

お金って、

『どう稼ぐか』

『どう貯めるか』

にフォーカスしがちだけど、

『どう使うか』

これを今までよりも意識していこうと思った。

 

一人一人のお金の使い方で世界は変わるんですって。

 

例えば、ダイヤモンドを買ったとしたら、結果、世界で起きている戦争に助長していることになるかもしれない。とかね。

 

これって怖くもあるし、

素晴らしくもある。

 

使うお金の先が何に(誰に)たどり着くのか、ちょっと想像してみようと思った。

 

また、高田さんが、

『すべての人は存在しているだけで価値がある』   

と言っていて。

想像力が貧しい私は、すかさずこう突っ込んだ。

 

『じゃあ‥!ホームレスにも価値があるんでしょうか?!
ゴミを漁って、橋の下に住んでいるような、ホームレスでも‥?!』

 
f:id:chizuru89:20170706161257j:image

・・・・

 

皆さんは、どう思いますか?

私は、高田さんの回答をきいたとき、

そっかー。

そういう考え方もできるんだー。

って思いましたよ。

そこっ??みたいな。笑

 

わからない!

もしくは

私は○○だと思うけど、高田さんの回答はなに?!

と気になる方がいたら、ぜひ高田さんに会いに行って直接聞いてみてください!

 

お金に対して少しでも興味がある方、

お金について考えて、それを人とシェアし、行動するきっかけになるかも。  

 

最後に、、

ちょっと話はそれますが、私の夢をここで語ろうかと。w

私の夢は、好きなことで生計を立てていくことです。

好きなことは、“お片付け”です。

最近、“お片付けコンサル”をひっそりと始めました。

このオシゴトで、もっともっとお客さんを増やし、稼ぐことが今の夢。

3000円ゲームに参加し、勇気をもらえたので、ここで公言しますw

 

高田さんの思いは、

【“お金”をとっかかりにして、自分の好きなこと・大事にしていることを実現してほしい】

なのですが、私も正にそうで。

【お片付け】というツールを用いて、自分の“スキ”を見つけて欲しい。

そんな思いが共通しているな~と感じました。

 

以上、レポでした!

 

高田洋平さんへのご連絡はこちらから☆

 

ずっと撮りたかった家族写真

私の小さな夢を叶えてきました。

 

プロに家族写真を撮ってもらうこと✨

 


f:id:chizuru89:20170702193335j:image


f:id:chizuru89:20170702193416j:image


f:id:chizuru89:20170702193531j:image

 

 

上の子、1歳半。

 

マタニティ

お宮参り

ハーフバースデー

ファーストバースデー

 

今まで色んなイベントがありつつも、

一回もちゃんとした写真を撮ったことがなかった。

 

なぜか。

 

『写真なんて無意味』

 

だと思っていたからだ。

 

『写真って実用性がないし、せいぜい“眺める”ことしかできないものにお金も時間もかけるなんて、バカバカしい』

 

‥‥

 

でも、本当はずっと憧れていたみたいw

 

家族ができたら、こんなベタなことをやってみたかったのだ。

 

素直に自分の気持ちに気づけてよかった。

 

やってみた感想は、大満足♡♡

 

出来上がりの写真データをスライドショーにして見ているとき、感動して泣きそうになったww

 

これはもう、定期的に撮りに行こうとおもう。

 

 

今回、私たちが行ったスタジオはライフスタジオ青山店です。

【子ども】本当に欲しいなら後回しにする理由なんかない

ここ数年、年頃の男女にずっと思っていたことがある。

 

それは、

 

【子どもが欲しいなら、どんな理由をつ

 けても後回しにしないで欲しい】

 

ということ。

 

周りで子どもを持つことについて悠長に考えている人が多く、驚かされる。

 

ハッキリ言って25歳になる前に、一度全員真剣に考えるべきだと思う。

 

なんでかというと、妊娠・出産・育児には

リミットがあるから。

 

 

・・・

 

そんなことわかってる、 

当たり前だ、

 

と思いますか?

 

本当にちゃんと考えたことあるんでしょうか? 

 

子どもを望んでいる(いた)けれど、理由をつけて後延ばし、もしくは諦めていませんか?

 

例えば、お金の理由。

 

最近、友人が、

子どもが欲しいが、今はお金がないから、まだ・・と言っていた。

 

お金がないってどのくらい?と聞くと、

 

「60万円くらいしかない。」と。

 

私「60万円もあるのに、なにを心配しているの?」、、

 

聞くと、諸々の支払い等があるそうな。

そのため、1年後、目標金額を達成したら子づくりをするとのこと。

 

・・・

 

確かに1年後は、貯金額は増えているかもしれない。

 

しかし、減っているものもたくさんあるのだ。

 

ご存知のように、

 

卵子の数(=妊娠の確率)

精子卵子の質(=健康な子どもである確率)

・人生の残り時間(=寿命)

・若さ(=体力)

 

など。

 

お金は30歳でも40歳でも増やすことはできる。

 

ただ、上記に挙げたものは、決して後から増えることはありえない。

 

もし加齢が原因の不妊治療をしたなら、

せっかく貯めた小金も、

あっという間に飛んでいきます・・。

 

従って、本当に子どもを持つことを希望しているなら、

迷わず子どもを持つことを最優先にしてほしい。

 

なぜ私がこういったことを言うのか?

 

1、自分が親になった今、同じく親の友達が欲しいからである。

つまり、お仲間が欲しい。(同年代の)

 

2、流産を経験したから。

いわゆる科学流産、というものだけど。

当時24歳、妊娠適齢期で健康な私でも流産はするんです。

妊娠・出産はいつでも誰でも簡単にできるわけじゃないということを体感しました。

 

 

この手の話題はセンシティブでもあるけれど、

少しでも皆さんに意識してほしいと思い、書きました。

姿勢美人になりたくて

ポスチュアウォーキングのレッスンに参加してきました!

※ポスチュア=姿勢の意味。

美しい姿勢での歩き方レッスンです。

 

講師の響子さんにお誘いただきました。

f:id:chizuru89:20170607100508j:image

(ピンクが響子さん・紫が私)

 

スタジオを舞うようにサッサッと歩く響子さんは妖精のよう。

ずっと眺めていたいくらいです。

 

さて、レッスンを受けてみての感想。

 

あー・・私、こんなに残念な歩き方をしてたんだな・・・

(普段の歩き方の動画を撮ってもらえる)

 

自分ではもっとまともに歩けてると思っていたのでショックでしたw

そういえば、自分が歩いている動画ってあまり見たことないからな・・

 

『歩く』って奥が深いのね。

憧れは、SATC のキャリー。

サラ(キャリー役の女優)は、相当、体幹がきたわっているし、トレーニングもしているんだと思う。

高いヒールを履いて、我が物顔で街を練り歩いてみたいものだ。

 

不思議なことに、

斜め上を向いて胸を張って歩くだけで、

気持ちも上向きになったんです😊

単純w

 

歩くの嫌いな私が、

スタジオを飛び出してこのままどこまでも歩いていきたい!!

って気持ちになりました。

 

レッスン前と後に、写真を撮ってもらいます。

相当変化が現れてました。

産後のだらしなすぎるヒップを公開

【Before 】
f:id:chizuru89:20170608074110j:image


【After】

f:id:chizuru89:20170608074213j:image

 パンツのシワの入りかたが違う!

 

横から見た図

【Before 】
f:id:chizuru89:20170608074335j:image

 

【After 】

f:id:chizuru89:20170608074437j:image

骨盤が起きてることがわかります。

 

他にも、

・美しいジャケットの着脱の仕方

・美しい写真の写りかた(ポージング)

・簡単エクササイズ

を教えてもらいましたよ。

 

さらに、産後のママ向けレッスンもあります。

・正しい抱っこ紐の付け方

・美しいベビーカーの押し方

など

 

こちら⬆も、別日に受講してきました!

 

有名なモゲさんとも2ショットいただきましたー!

f:id:chizuru89:20170617133157j:image

 

 姿勢美人になれるよう、意識していこ(^-^)

 

 

娘と初めての外食

昨日のプレミアムフライデー、皆さんはいかがお過ごしでしたか。

 

私はというと、娘(Yちゃん)と外でディナーをしてきましたよ。

 

実は、Yちゃんと二人の外食はこれが初めて。

 

今までなぜ避けてきたかというと、

私が大変なことが目に見えていたから・・

 

Yちゃんは現在1歳5ヶ月。

 

まだ大人と同じものを、大人と同じようには食べれない。

 

自分に子どもがいない頃は、

外で小さい子の食事の世話をしている親達をみて、大変そうだなぁと思っていた・・。

 

私は静かにゆっくり外食を楽しみたい。

だから、Yちゃんと外食はまだ先かな・・

 

そう思っていた私がなぜYちゃんと二人で外食をする気になったかというと、

同じくらいの月齢の子を持つ友人が頻繁に子どもと外食をしている、という話を耳にし、なんだか楽しそうかも・・?と思ったから。

(すぐ人に影響されるw)

 

 

 

レストランに入ると、Yちゃんはテンション高めでウキウキしている様子。

 

可愛い・・・。

 

この姿を見れただけで、レストランに来て良かった♡

 

そう思ってほっこりしていたのも束の間。

 

注文した料理が来て、楽しそうに食べ始めるYちゃん。

 

 こんな感じの↓
f:id:chizuru89:20170527135347j:image

 

が・・・

 

やはり、テーブルや床、自分の服に大量にこぼす💦

 

あっという間にカオスな状態に・・。

 

そんなとき、ふと隣の席にいる親子の視線を感じた。

 

見ると、身なりの良いお母さんに、これまた利発そうな娘さん(5歳くらい)である。

 

娘さんは、Yちゃんと同じ料理をフォークとナイフを使って上手に食べている。

 

しかもお母さんと知的な会話をしながらである。

 

このレベルまでいくのに、あと何年かかるのだろうか・・と若干気が遠くなった。

 

きっと今、この親子は、私たちのことを

 

『汚い食べ方をする子だな。』

 

『躾がなっていないな。』

 

って思っているんだろうな・・。

 

そう感じ、居心地が悪くなった私は、

自分の料理を平らげ、散らかったテーブルを片付け早々に店を出ようと立ち上がった。

 

その時、隣の席のお母さんから声をかけられた。

 

『おもちゃをお忘れですよ。』

 

ハッと気づきお礼を言い、再度立ち去ろうとしたが、まだ何か言いたげなお母さん。

 

怒られるんじゃないかと、嫌な予感がした。。

 

が、

 

『お子さん、一生懸命に食べていましたね!』

 

と褒めて(?)くれたのである。

 

私が

『ありがとうございます。でも、外食はまだ早かったかもしれません』

 

と言うと、

 

『そんなことないわよ。イスとテーブルの高さがちょっと合っていなかったのかも。』

 

とアドバイス(フォロー?)もしてくれた。

 

 てっきり白い目で見られているのかと思っていたので、嬉しかった。

 

世間は意外と優しかった。 

 

調子に乗って、今度はYちゃんとカフェに行ってみようと思う。

子どもといるのが楽しくなった

この前、初めて長女(1歳)と外を歩いてみた。

そしたら、なんだか心が満たされた。

 
f:id:chizuru89:20170519111126j:image

 

子どもと歩く。。

 

なんでもないことだけど、私にとっては大きいこと。

 

今まで、子持ちの友人から

 

『普段は5分の道のりを、子どもと歩くと1時間かかる。でもそれが楽しい♡』

 

的なことを聞いてはいた。

 

私は、そんな話を聞くたびに

 

むりむりむりむり

時間の無駄だし

やる意味がわからない

この友達、、親になってから頭がどうかしちゃったのか?

 

と、、本気で思っていた。

 

でも、ある日、ふと試しにやってみたの。

 

そしたら、面白かった!

娘の様子を観察して、彼女の興味、表情、動き、言葉、どれも新鮮な発見だった。

 

一緒に道を散歩できるようになった娘の成長にもちょっとジーンとした。

 

1年ほど前は、私が産んだのは人形か?と錯覚するくらい動きもしなかった娘が、今や二足歩行をしている。

 

何気に感動である。

 

以前は子どもといるのが苦痛で、保育園に預けた。

保育園に預けるために、復職した。

仕事がしたかったわけではないけど、子どもといるよりはマシ。

 

‥という、なんともネガティブな選択をした。

 

ちょっと前は、自分に余裕がなかった。

自覚はなかったけど毎日小さな我慢を積み重ねていて、

早く一日が終わらないかな。

 

そんなことばかり思ってた。

 

自分に余裕ができると、

子どもといる、何でもない瞬間も大事に思える。

 

やっと、というか今さらながらに気づいた2017年の初夏である。

【断捨離】ソファ②

前回の続きです

 

ソファがヤフオクで落札され、喜んでいたのもつかの間。

困ったことが起きました。

ソファの引き取り方法について、です。

 

落札者様から届いたメッセージ↓

 

『私一人で、自家用車で直接取りに行きます。運搬のお手伝いをお願いいたします。

 

・・・運搬のお手伝い、だと??

 

確かに、出品の条件にはこう書いた。
『引き取りも歓迎です。』と。

これは

『立ち合いはするけど、勝手に持っていってね』

という意味で書いたのであって、

私たちが手伝うということは全く想定していなかった。。

これは、手伝わない旨を明記しなかった私のミス。

私はいわずもがな、かよわい女子。

箸より重いものは持ったことがないので、ソファを運ぶなど到底不可能。

頼りになるはずの夫も、『やりたくない』と。汗

結局、お義父様と義弟という助っ人を召喚し、無事に運搬は完了しました。

 

--------------

後日、落札者様から一通のメールが届きました。

『早速、新居にソファを配置しました(^-^)』

という一文と共に、見慣れたソファの画像も添付されていました。

なんだか嬉しくなりました。

ソファも、次に使う人の元で活躍できることを喜んでいると思います。

今のリビングには、家具は机と椅子しかありません。

快適でーす✨


f:id:chizuru89:20170508104842j:image

赤ちゃんものびのび過ごしてます

まだ寝返りできないけどw

 


【学んだこと】
・ときめいているものであっても、今のライフスタイルに合わないものは手放した方がいいかもしれない。
・家具の手放し方は、オークションやジモティー、メルカリ等で小金になるかも。
(手間はかかる)
・大型品をオークションで出品する場合、運搬手伝いの可否を明記した方が良い。