捨て女メソッド(ステジョメソッド)

捨てれる女になる方法、教えます。何かを手に入れたいなら、まずは断捨離から!モノやしがらみとサヨウナラ

人を信じられるようになるまで その⑤親のワーク父編#2

人を信じられるようになるまでシリーズ

その①メンターとの出会い

その②不信感の塊だと気づいたワケ

その③告白します、親のワーク未完でした

その④親のワーク父編 

その⑤親のワーク父編#2 ←今ここ

 

前回の記事では、父に思いを伝えたところまで書きました。

既読スルー・・・。

せっかちな私は「電話」という手段に出ました。

今思うと、「これは言いたいこと」「これは聞きたいこと」リストアップしてからコールすればよかったです・・・

電話だと相槌をうつだけで割といっぱいいっぱいになってしまったので・・・

あと録音しておけばよかった・・・

+

(→は心の声、もしくは解説です)

私:「LINE見た?」

父:「見たよ、色々ごめんなさいね。」

私:「・・・・。」

父:「・・・・・・・。」

  「ひいおばあちゃんの延命は誤解だよ。」

私:「え?」

父:「おばあちゃん、最期は水も飲めない状態になったんだよ。」

  「医者は、もう飲ませなくても良いって言ったんだけど(危篤状態だから)、何日も水を飲めないのはさすがにおばあちゃんがかわいそうだって思って、水ぐらい飲ませてやってもいいんじゃないか、って言ったんだよ。」

  「だから延命とは言ってないよ。」

私:「あ、そうだったんだ・・・」

→伝聞の過程で事実が微妙に歪曲していたことが発覚

父:「おじいちゃんもおばあちゃんも、みんなちーのことが好きだから、ママに辛くあたっちゃったんだよ。」

私:「うん・・・。」

→うちは皆、私のことが「好き」で成り立っていたんだね。

f:id:chizuru89:20171017104435j:plain

(私は初孫で、たくさんの大人に可愛がられて育ちました。)

(去年ひいおばあちゃんが亡くなるまで、5世代家族でした。)

 わかるんだけど、私が好きなのはママだから、みんなもっとママのことを大事にして欲しかったんだよ。

父:「ちーもさ、そうやって色々思うなら、自分の家族にはそう思われないように頑張ればいいじゃない」

私:「自分の家族?」

父:「そう。ちーの旦那くんと子どもたち。」

私:「あぁ・・・。」

→うん、でも、どうやっても、子どもには恨まれるんだよ、パパ・・・。w

 

-----ここでふいに、口をついて出た言葉↓------

 

私:「ありがとう、パパだーいすき!!!」

→5歳くらいの私が降臨。

 気付いたら口が勝手にこう言っていた。

 その直後にハッとし、照れくさくなるが、一度出した言葉は引っ込めないw

父:「・・パパだって、ちーのことが嫌いなワケじゃないし。」

→『嫌いじゃない』=『大好き』だと脳内変換をし、ホクホク嬉しくなる。

+

・・・確か、ここまで話して、通話を終了してしまったのですが。

聞き忘れたことがあるので、再度ラインをしました(しつこい)。

 

私:「なんでパパはママの味方をしなかったの?おじいちゃんおばあちゃんのイビリから守ってあげなかったの?」

父:「味方してたつもりだけど。」

  「そんなに毎日イビられていたという認識はなかった。」

  「もし、そうなら反省します。」

私:「そうなんだ。味方してたつもりだったんだ。どのへんが?」

父:「そのへんはママに直接聞いたら?」

私:「わかった。聞いてみる。」

  「あと、投資のことを宗教って言われて傷ついた」

-----------------ここから返信なし-----------------

えっと・・。

感想としては、『やっぱり父らしいな』。

正直、まだ消化不良なところはあります。

(宗教って言われたこととかw)

これで親のワークと言えるのでしょうか・・。

(親のワークは即効性のあるものじゃなく、数ヵ月、数年でジワジワの場合が多いらしい)

でも、なんて言ったらいいのかな。

「父にもこんなこと言っていいんだ」「意外と大丈夫だった」って感じです。

ワガママを言えたこと自体が嬉しかった。

理不尽に父のせいにすることが、少し快感でした。

(父のせいじゃなくて本当は全て自分のせいだとわかっているんだけど、あえて「父のせいにした」。自分の幼稚性が気持ち良かったです。)

そういえば、子どもの頃は、親の自分に対する愛情を1mmも疑わずに泣いたり笑ったりしていたのに、(うちの1歳児はまさにコレ)

いつのまにかそうじゃなくなっていたんだなーと。 

年齢的に大人にはなったけど、ずーっと父の「子ども」でいられること(いてもいいのかな?)がじんわり嬉しいです。

でも、父は、娘(私)にこういうことを言われてどう思っているのか気になる。。

 

そして、、

別日に母にも同様、自分の思いをぶつけてみました。

 

続きます、、

 

人を信じられるようになるまで その④親のワーク父編

人を信じられるようになるまでシリーズ

その①メンターとの出会い

その②不信感の塊だと気づいたワケ

その③告白します、親のワーク未完でした

その④親のワーク父編 ←今ここ

 

前回の記事では、

今まで親のワークから逃げてきたことを書きました。

この記事では、親のワークの記録・父編をお送りいたします。

父にはLINEで思いを伝えることに。

できあがった文章がコチラ↓

※長文です

 +

パパへ

ずっと思ってたんだけど、言えなかった(言わなかった)ことがあるのでこの度言ってみます。突然でごめんね。今、何かを具体的にどうしてほしい、とかそういうお願いではありません。読んでもらえるだけで大丈夫です。

 

私は、小さいときからずっと、パパにはもっとママの味方をしてほしかったです。私が幼稚園生くらいのときから、ママが、おじいちゃんばあちゃんに怒鳴られて泣いたりしているのを見るのが辛かったです。ママは、あの家にパパしか味方がいなかったのだから、もっとパパがママを大事にしてほしかったです。ママが悲しそうな顔をしているとき、パパには見て見ぬふり、聞こえないふりをしないで欲しかった。

 

もっとママのことを敬って欲しかったです。今でもたまに、ママのことを冗談で軽くバカにしたりけなしたりするけど、それも正直、娘のわたしからすると聞いていて気持ちの良いものではないのでやめてほしいです。

 

ひいおばあちゃんが危篤状態のとき、パパが延命を希望したことに驚きました。実際に介護をしていたママたちの負担を考えて欲しかった。

 

私が大学生のころ、投資のことをほんの少しだけ勉強したことがあって、純粋な気持ちでパパにもおすすめしたら「ちーは変な宗教でも入っているの?」と言われたことが傷つきました。自分がやらない(やらなかった)ことを、変なこと=ヤバイこと=宗教と言って否定しないで欲しかったです。その後も、もしかしたらパパに怪しい目で見られているのかも?と思うと、本当はやりたいのだけれど、色々なことにチャレンジする勇気が出ないときがあります。

 

私が娘と息子を産んだとき、「二人も産んで、社会的に偉い(立派だ)」というようなことを言われたけれど、嬉しくなく、逆に少し嫌でした。私はただ、産みたかったから産んだだけです。他の人の分も産む、、とか、少子化に貢献、、とか、そういうふうには思っていません。

 

色々ネガティブなことを言ってしまったけれど、基本的には本当にありがとうって思っています。

毎年キャンプやスキーなどに連れて行ってくれて、すっごく楽しかった。

返事はくれたら嬉しいけれど、どちらでも大丈夫です。

お仕事大変ですががんばってください。

 +

 

下書きをしている時点で、目から生暖かいものが・・・。

(一方、「おー高ぶって込み上げてきているなー」と、客観的で冷静な私もいた。)

自分の感情を思い出すこと自体が、新鮮でした。

数十年間、いかに感情の記憶を忘れていた(なかったことにしていた)か。

こういう機会でもなければ、きっと一生見ないことにしていた気持ち。

そして、湧き上がる既視感。

なんだっけ、この感じ、前にもどこかで・・?

あっ!!!!!

結婚式での「両親への手紙from 花嫁」だ・・。

(余談ですが、昔から感情を抑えることに関してはプロのわたし。自分の結婚式では一滴も涙を流しませんでした。)

(「両親への手紙」は式の終盤なので、時間が押さないかどうかだけを気にして読んでいた)

結婚式の手紙:「感謝の気持ち」

親へのワーク:「不満の気持ち」

内容は真逆なのかもしれないけど、どちらも根本は同じだと思いました。

思えば私はずっと、「早くちゃんとした大人にならなきゃ」と、がんばってきました。

反抗期も、なし。

(親に「反抗」してる時点でガキだしダサいと思ってた)

だから、親に子どもじみた不満をぶつけることなど「私は未熟です」って言ってるみたいで考えられなかった。

でも、この文章を書いたことで初めて、気持ちの上で父の「子ども」になれた気がした。

久しぶりに子ども時代の自分に再会したような・・・・?


f:id:chizuru89:20171014212456j:image

 幼い頃はパパと結婚するのが夢でした

 

勇気を振り絞り、「送信」をポチリ。

すぐに既読になるが、返信はなし。。。。

「返事はなくてもいい」と自分で言っておきながら、どうにももどかしい気持を抑えらず、電話をしました。

数秒のコールの後、父はいつもの調子で出てくれました。

 

私:「LINE見た?」

父:「見たよ、色々ごめんなさいね。」

 

 長くなったので次に続

人を信じられるようになるまで その③親のワークやっていませんでした

人を信じられるようになるまでシリーズ

その①メンターとの出会い

その②不信感の塊だと気づいたワケ

その③親のワークやっていませんでした ←今ここ

 

前回の記事では、自分が不信感の塊であることに気づき、

その理由に「親との関係」が紐づいている(らしい)。ということろまで書きました。

 

ここで再度当記事のタイトルをご覧ください。

 

「親のワーク」*1やっていませんでした

 

これを公表すること、超ーーーーーーー勇気がいります。

アサギスト6期生、7期生も見ているかもしれないこのブログ。

(私は5期生です。)

本来であれば、講座の第2回目(今年の2月くらい)でとっくに完了しているハズだったのです。

あぁ、おサボリしていたことが、ここにきて露わになる。。

他のアサギスト*2たちが親のワークのレポをブログ等にあげてるのを見ては

「ほーぉ」

「良いハナシじゃん」

「へぇ、この人、結構ガンバったネ」

と完全に、完っ全に・・!他人事でした。

号泣必至だと言われている記事を読んでも、特に何にも感じなかった。

そりゃそうだ。

自分がやっていなかったから、他の人の気持ちがわからなかったのです。

一番憂鬱だったのが、アサギスト内で親のワークの話題が出たときw

そのとき私がとる苦肉の策といえば、

「あーあれね、大変だったけど、良かったよね」感を醸し出す。

もしくは、華麗にスルー。

もしくは、話題が変わるのをなにくわぬ涼しい顔をして待つ。

中々話題が変わらなければ、自ら、さりげなく話題を変える。

 

f:id:chizuru89:20171013195310j:plain

画像引用:藤木のテーマ「卑怯者」

 

半年前の私に一言言いいたい。

「いいから早くやれ」。

 

バレてました 

私が親のワークを未完なことは、周囲にはバレバレだったようです。

色んな親切な方に「やってないでしょ?」って言われました・・。

その節はどうもありがとうございました・・・。

なぜバレたか?

親のワークが完了したら、目に見えて覚醒するからです。

完了したら、自分でもわかるそうです。

人から見たレベルでも、わかる。

つまり、私がまだまだ発展途上であることは隠しようがなかったと。

(覚醒とは?本当の自分に還ることです!

一発キメるやつじゃないですからね?!

本当の自分に還ったらどうなるの??

よくわからないけど、人生が本当に楽しくなるみたいですよ!!(雑))

 

「愛」「覚醒」「魅力」「幸せ」

ポワンとしていて、明確な定義がないこの言葉の意味が未だによくわかりません。

なんなら、うさんくさいとすら思っていいます。

私は仮にも4月に魅力覚醒講座を卒業してます。

卒業した、とは名ばかりでした。。

 

だって、だって、、

やりたくなかったんだもん!

親との関係に波風立てたくなかったんだもん!!

親を悲しませたくなかったんだもん!!!!!!

 

あさぎさん(録音より):

「親からもらったものが全て愛だと感じられたら、世の中のことも全て愛だと感じられるから。」

「親は、子どもに愛しかないワケよ。だから、子どもに何言われても傷つかないの。」

「自分の子どもにも、『そんなこと思ってたんなら早く言ってよ』って思うでしょ?」

→いや、わかるよ。わかりますよ。頭では、理解できますよ。

でも・・モジモジモジモジ(始めに戻る)

 

唯一無二の親のことも信じられていない、ですね・・・

 

腹をくくります。

親のワーク、取り組みます。

『次回は親のワークやってみた』について書きます

 

 

*1:親に、「本当は〇〇して欲しかった」と気持ちを伝えること

*2:小田桐あさぎさんの受講生

人を信じられるようになるまで その②不信感の塊だと気づいたワケ

【人を信用じられるようになるまで】シリーズ

その①メンターとの出会い

その②不信感の塊だと気づいたワケ ←この記事

 

 

この記事では、

について書きます。

 

自分が不信感の塊だと気づいたきっかけ

実は、コンサルを受けていることを周囲に隠していました。

最愛のパートナーであるはずの、夫にも隠していたんです。。

これが発端です。

+++

(とある日の夫婦の会話)

夫「こないだテレビで見たんだけどさ、今流行りの起業女子って、9割が月収1万円以下らしいよ。そのくせに、高額なコンサルを受けてるんだって。」

夫「まさかとは思うけど、千鶴ちゃんはコンサル受けてないよね?^^」

 

・・・そのまさかである。

 

私「うん、コンサルなんて受けてないよー

 

+++

 この世に大ホラ吹きが誕生した瞬間でした。

 

誰のことを信用していなかったのか?

ズバリ、

夫とメンターである響子さんのことを、信用していませんでした。

「コンサルを受けているのを隠す」という行動の裏に隠されていた、私の思考は、こうです↓

 

対夫:

「コンサルなんて金のムダ、って思われるだろう。」

と、相手の気持ちを勝手に推測。

つまり、夫の器をまったく信用していなかった。

(ご安心を。昨晩、ようやく彼にカミングアウトしましたが、特段のリアクションはありませんでした。)

(響子さんいわく、夫婦は似た者同士なので、一方が相手のことを信頼しないと、もう一方も信頼しないらしい。ギクリとしました)

 

対響子さん:

  • 「クライアントとして結果を出せなかったら、響子さんの実績にもひびいちゃう」
  • 「だから、響子さんに色々教えてもらっていることを皆には内緒にしておこう」
  • 「そうすれば、私も、響子さんも、モウマンタイ」

「私が結果を出せなかったら、響子さんのせいになっちゃう。。」

と、一見は人のことを心配している風な文字面。

しかし、全くの逆だったんです。

「響子さんのせいになっちゃう」・・・

ってそれ、自分で響子さんのせいにする気満々じゃないかー!!!!!

人を信用していなかったゆえに起こる子どもじみた思考・・・

いや、子どもに失礼だわ。ゲロ以下の思考。

f:id:chizuru89:20171012131806j:plain

画像引用:ジョジョの奇妙な冒険 2巻

 

 

 

ここで、前回の記事の冒頭の文を再度、読んでいただきたい。

 

私は、基本的に人を信用していない。

 

実は、ここで言う、「人」とは他人のことだけではありませんでした。

一番重要な・・・

一番可愛いはずの存在の・・・

「自分自身」を信用していなかったのです。

私の夢は、月7桁稼ぐこと。

しかし、本心ではできないと思っていたことに気づいてしまいました。

まぁ、現実問題ムリだろう。。。と

お口から出る言葉(目標達成!)と、腹の中の言葉(でもどうせできない)は、真逆でした。

目標達成できなかったときに「どんなもっともらしい言い訳を使おうか」とまで考えてしました。

最初から、「結果を出せないこと」を「自分で決めていた」のです。

ガーーーーーーン

/(^o^)\/(^o^)\/(^o^)\/(^o^)\

 

☆☆☆

 

以上が、自作自演の不幸劇場の全貌です。

人(自分)を信用できないと、こうなります。

あくまでさりげなく、かつ狡猾に、人のせいにしまくります。

永遠に叶わない夢追い人になります。

大部分はこのブログを書いていて気づきました。

正直、かなり文章にしたくなかったw

やっぱり、アウトプットって大事です。

 

なんでこんなに誰のことも信用していないのか?

それは、私の両親のことが大いに関係している、らしいのです。

(アサギスト*1の中では周知のこの事実。「おや???」と思われた方、この記事を参照のこと→

 

その③告白します、親のワーク未完でした に続く

 

 

*1:小田桐あさぎさんの講座生

人を信じられるようになるまで その①【メンターとの出会い】

(この記事一連を書き上げてしまったら、わたしは一体どうなってしまうんだろう。

そんな一抹な不安を抱えつつ、お送ります。)

 

+++++ 

 

わたしは疑り深い性格である。

というより、基本的に人を信用していない。

 

  • 簡単に人を信用しないのは良いことじゃないか
  • だって信用したら、騙されるし
  • 騙されて傷つくのは自分だし

 

わたしの世界の前提は、まだ、こうなんです。

 

人を信用しないと、こうなる

Q.人を信用しないとどうなるのか?

A.自作自演の不幸劇場を演じ続けることになります。

ここからは、具体的な実体験を交えてお伝えいたします。

 

メンターとの出会い

「どうやら自分は不信感の塊らしい」と気づくきっかけになったのは、この方。

ラクローズ響子さん。

 
f:id:chizuru89:20171012122649j:image

 

ウォーキングの先生・ビジネス・恋愛・マインド等のコンサルティングをしている方。

(小田桐あさぎさんの講座を受講していたときの、サブ講師です。 )

そんな響子さんから、3か月程前よりビジネスのコンサルを受けています。

なぜか?

叶えたい夢があるからです。

「月商100万円を達成したい」

いわゆる7桁女子になりたいってやつです。

(ちなみに、半年ほど前は、このような人たち↑をSNS上でチラホラ拝見しつつ、鼻であざ笑っていました。)

「千鶴」と書いて「承認欲求の肉塊」と読みます。

自分はできる人なんだと、世の中に知らしめたい・・!!

 

なぜ響子さんなのか?

コンサルタントは星の数ほどいる中で、響子さんにお願いした理由。

 

一つ目は、【なんかいつもキャッキャ楽しそうだったから】

 
f:id:chizuru89:20171012123400j:image

彼女の、まるで子供のような無邪気な笑顔で話す様子にやられました。

どうせなら、眉間にシワがよっている人よりも、お花畑な人と一緒に時間を過ごしたい。

その方が楽しそうだと思ったからです。

しかし、残念なことに、彼女の口から発せられる言葉は、すぐには理解できないこともあります。

例えば、これら↓

 

~響子さん語録(ほんの一部)~

「全ては完璧な神の采配だから」

「お金は労働の対価だと思ってる?(違うよ)」

「お金ってね、使ってもなくならないんだよ」

「美味しいもの食べて、たくさん寝て、好きな人たちだけと遊んでればそれでいいの。」

 

私はこれらの語録を聞くたびに、

(゜Д゜) ファッ???

何を言ってるんだ、この人は?

まーた、よくわかんないことを・・

と、内心思っていました。

が、どうやらどの言葉も、真理らしい・・・のです。

じわじわと響子さん語録の正しさが実証されつつあるからです。

理解するのに時差があるのがもどかしいw

 

話がそれましたが、響子さんにお願いした理由その②。

【パートナーがいて、子どもが二人いるから】

彼女には、素敵なパートナーと、中学生と高校生の娘さんがいらっしゃいます。

私も同じ。夫と子どもが二人います。

現時点での境遇が、似ています。

例えば、

結婚経験がない人に、パートナーシップの相談はしません。

子どもを持ったことがない人に、人生における時間管理や優先順位について聞きません。

このように、自分と近い条件の人からじゃないと、話を聞く気にならないからですw

 

響子さんにお願いした理由その③。

【彼女もつい最近、月商7桁を達成したから】

近すぎず、でも異星人というよりは遠すぎず、、な距離にいると感じました。

 

以上3つが響子さんにお願いをした理由でした。

長編になる予感がプンプンするので、次からは「自分は不信感の塊だと気づいたきっかけ」を書きます。

 

 

 

 

【落ち込んでる人へ】どんな自分も好きになる考え方

ちょっと気付きがあったのでシェアします。

いきなりですが、よくこんな言葉を見かけませんか?

 

「“ありのまま”のあなたが良い」

「ダメな自分も、認めよう◎」

 

⬆的な。

でも、あなたが今、ドン底にいるくらい落ち込んでいるとして。

そのときにいくらこんな言葉を聞いても、

『そうなんだ!!私って、このままでいいんだぁぁぁ♡♡』

って即座に切り替えられなくないですか?

わたしはムリですw

でもね、最近、友人を通してこの言葉の意味を実感した出来事があったんです。

 

ゆにゃこちゃん

っていう美女の友人がいるんですけどね。

(この方→☆)

 

 

f:id:chizuru89:20171008174017p:plain

左:わたし 右:ゆにゃこちゃん

 

最近、彼女から連絡がきたのです。

どうやら色々あって落ち込んでいたよう。

でね、わたしは彼女のことが好きだから、

たとえ本人が落ち込んでいたとしても、わたしは変わらず好きなわけですよ。

むしろ『ゆにゃこちゃんは、いま、落ち込んでいる、、と💕φ(..)メモメモ』て感じで、嬉しくなるんです。

ノリノリな彼女も好きだけど、

しょんぼりしてる彼女も好きなんです。

どんな一面も、可愛らしいな~っておもうわけですよ。

彼女が彼女でいてくれればいいんです。

ゆにゃこちゃんとしては、「もっと完璧になりたい(のに、なれない)」から落ち込んでいたと。

それに対し、

「完璧にならないで!
不完全なゆにゃこちゃんが魅力的なの。

いびつなところがいいんだよ!!!」

というアツいメッセージを送ったっていう話なんですけどね。

だって、完璧になっちゃったら、ゆにゃこちゃんじゃなくなっちゃうもの。

ゆにゃこちゃんに限らず、人間らしい人がわたしは好きです。

「あら」がいっぱいある人。

その「あら」を無理して隠したり、消そうとしたりしないで欲しいと思います。

 

数分後、気づいたこ

・・・あれ?

人のことはこう思えるのに、自分のことはこう思えないって、おかしくない?と。

「不完全な自分も、可愛いな~♡」とは・・・思えなかった不思議!!w

どんな自分も好き!って思えたら、いつだって最強ですよね。

 

どうやって「どんな自分でも好き」になるの?

客観的な視点で考えてみましょう。

あなたの心から好きな人を思い浮かべてください。

パートナーでも、兄弟でも、友人でも、お子さんでも誰でもいいです。

その人のことは、なぜ好きなんんでしょうか?

「社会的にスゴいから」好きなんでしょうか?

(Yesだとしたら、その人の持つ条件が好きなだけです。心から好きな人ではありません。)

きっと「なぜ好きって言われても、、好きだから」ではないでしょうか?

あなたも、同じように思われています。

不完全なあなたのことを好きな人はいーっぱいいますよ。

あなたが不完全なあの人を好きなように、不完全な自分自身も好きになる。

認めてあげる。

どうしても「自分のことが好きになれない」なら、それも認める。

今は、自分のことが好きじゃないんだ、という風に。

そんな自分だけど、まぁ仕方ない。これも私。

と、ゆるく考える。

 

 結局のところ、これに尽きる

 

私の使命は、私でいること。

あなたの使命は、あなたでいること。

ゆにゃこちゃんの使命は、ゆにゃこちゃんでいること。

 

なんだか、冒頭の文同様、クサイ言葉になってしまいました。

え、腑に落ちませんか?w

ためしに身近な人に「わたしのどこが好き?」って聞いてみることをおすすめします。

誰も、「高学歴なところ」「○○会社に勤めているところ」「国家資格を持っているところ」とは答えないはずです。

誰も、あなたに「成果」や「役に立つこと」を求めていません。

だから、大丈夫。

あばたもえくぼ。

自分にも言い聞かせてます。

 

 

<こちらの記事もどうぞ↓>

 

www.chizuru89.com

 

 

www.chizuru89.com

 

www.chizuru89.com

 

 

 

【お仕事レポ】理想の親子

先日も、捨て女のお仕事でお客さま宅に伺いました。

その日はたまたま、小学生の娘さんもご在宅だったんですね。

(お客さまには、独身・既婚・年代は20~40代と様々な方がいらっしゃいます^^)

ちょうど娘さんもいるからと、洋服の仕分けを一緒にやりました。

そのときのお二人のご様子に、とっても胸キュンしちゃいました♡

和気あいあいと、きゃっきゃと、女同士とっても楽しそう。

洋服を一部、二人でシェアしているようで、

「これ、お母さん着る?」

「○○ちゃんは、あまりタートルネックは好きじゃないよね?」

などと、さすが親子で、息の合う掛け合い。

わたしも数年後、娘とこんな会話ができるのかなぁ・・?と、つい妄想しちゃいました。

ぜったい、楽しいだろうなぁ・・♡

 

ちなみにその日サヨウナラした洋服たちはこちら⬇

【Before】
f:id:chizuru89:20171008161158j:image

女性二人分ですから、結構な量。

 

【After 】

f:id:chizuru89:20171008161254j:image

半分くらいになりました。